山内医院では、厚生労働省感染症サーベイランスを1週間単位で実施し、保健所に報告しています。そのデータをもとに、分かりやすく加工し直したのが、このページです。いまこの地域ではどんな病気が流行っているのか、感染防止の目安にして下さい。
■= 10 ■= 1

2019年12月2日〜12月8日

(第49週)

6


12


1
2 3 4 5 6 7 8 9 10

14
15
 
19
20



咽頭結膜熱 (プール熱)
            0
A郡溶血性連鎖球菌感染症
                  1
        1
感染性胃腸炎     3


1
      1
  1
  2

1
1
10
水痘                             0
手足口病
                            0
伝染性紅斑(リンゴ病)
                            0
突発性発疹
    1
                     

1

百日咳
                            0
風疹
                            0
ヘルパンギーナ
                            0
麻疹
                            0
流行性耳下腺炎
                            0
RSウイルス感染症                            

0


インフル エンザ 6


12


1
2

3

4 5 6 7 8 9 10
 
14
15
 
19

合計

11
    1
2

  2

  1
1
2

  1
  10
20
 
29
30
 
39
40
 
49
50
 
59
60
 
69
70
 
79
80


           
    1
                    1

【今週のコメント】
週の始めは暖かさが残っていましたが、徐々に気温が下がってきました。さすがに少しは寒くならないと12月になっているという実感がないかも知れません。
気温が下がってインフルエンザが増えてきました。感染性胃腸炎が多くないので、今週の一番多い疾患になりました。これからもそうなるでしょうか。すべてA型です。家族内感染もありました。幸い大人の方は熱も上がらず、非常に軽症でした。インフルエンザの新しい治療薬のゾフルーザ、吸入のできない小さいお子さんでも服用しやすいので昨シーズンはこの薬を中心に使っていましたが、耐性変異ウイルスが治療中に出現する、ということで、使いにくくなりました。インフルエンザの(特にA型の)二峰性発熱というのは結構見られるもので、他の抗インフルエンザ薬を使っている時にも経験はしていましたので、特に増えたとは感じなかったのですが、統計を取ってみたらどうなるでしょうか?B型にはどの薬も効きにくいようでしたが、昨シーズンはB型は殆ど流行らなかったので、これに関しては不明です。
感染性胃腸炎は先週と同じ数です。施設内で少し固まって出ている所もあります。先週は西京区内の保育施設でノロウイルス胃腸炎の集団発生があったようです。報告されている数はそれほど多くは無かったのですが。他の区の保育施設でもノロウイルスの集団発生が報告されていますので、やはり今は多い時期になりますね。あまりテレビでは報道されなくなりましたが。
来週はまた気温が上がります。最高気温は15度前後。この暖かさは今月いっぱい続くのかどうなのでしょうか?あまりの気温の違いにとても体がついて行きません。今週の寒い時でも、子ども達はジャケットの下は半袖だったりしましたが…。

● リンク
京都市衛生公害研究所 国立感染症研究所感染症情報センター

 

copyright(c)   Yamauchi Clinic. all right reseaved.