風疹ワクチン接種費用の一部公費負担について(2014年4月14日更新)
 

京都市で、昨年7月1日から実施されていた風疹予防接種の一部公費負担は、平成26年度においても下記のとおり実施されることとなりました。

[事業実施期間]
平成26年4月1日〜平成27年3月31日

[公費負担の対象者]
京都市民で、下記の(1)〜(3)の場合で、かつ風疹抗体価が低い方
(1) 妊娠を希望されている女性:(住所と生年月日が確認できるもの、免許証や保険証など、を持参ください)

(2) 「風疹抗体価が低い妊婦」の同居者:(同居者の住所と生年月日が確認できるもの、同居者と妊婦が同じ住所に住んでいることを証明できるもの、今度生まれてくる子どもの母子手帳が必要です)

(3) 「風疹抗体価が低い妊娠を希望する女性」の同居者:(同居者の住所と生年月日が確認できるもの、同居者と妊婦希望女性が同じ住所に住んでいることを証明できるものが必要です)
風疹抗体価が低い方というのは、下記のような方です。
これまでに風疹にかかったことが無く、風疹ワクチンを受けたことが無い、または1回しか受けていない方、
あるいは、血液検査で風疹抗体価が低いことが判明している方
(風疹抗体価がHI法で16倍以下、EIA法で8.0未満をさします)

[接種ワクチン]
MRワクチン

[自己負担額]
3500円   ※減免措置なし


風疹抗体検査の公費負担
過去に風疹抗体の検査を受けたことがなく、風疹ワクチンの接種歴があきらかでない人で、風疹抗体の検査を希望する下記に該当する人は、無料で検査を受けられます。
[事業実施期間]
平成26年4月1日〜平成27年3月31日

[公費負担の対象者]
京都府民および京都市民で
(1)妊娠を希望する女性、または、
(2)風疹の抗体価が低い妊婦の配偶者等
※ただし、過去に風疹抗体価検査を受けたことがある者、明らかに風疹の予防接種歴がある者、もしくは検査で確定診断を受けた風疹の既往歴のある者は除く

[自己負担額]
無料

| 閉じる |